スマホ修理業者の費用の相場って?

壊れる前に知りたい修理費用

>

プロも聞きたい?スマホ修理トリビア

スマホ修理と機種変更、どっちがお得?

「スマホが必需品」と考える人のなかには、端末が少しでも不具合を起こすとすぐに機種変更、という人も少なくないようです。
確かに、細かい修理をみじかいスパンで繰り返すよりも思いきって新品に買い替えてしまったほうが安心して使えますし、コスト的にも安くすむように思えますが、実際にはどちらがお得なのでしょうか。
コスト面で考えると、ごく軽度の故障であれば修理で対応したほうがお得です。
ただ、一度不具合を起こした端末はその後も短いスパンで不具合を起こしやすくなり、端末内部の劣化までは修理では復元できませんので、すでに2年以上使いつづけている端末であればいっそのこと機種変更を検討するのもひとつの選択肢であると考えられます。

スマホは2年で壊れるって本当?

一般的には、「スマホの耐用年数は平均で2年」と言われています。
つまり、スマホは2年で壊れる、ということですが、実際の寿命にはもちろん端末ごとにばらつきがあり、2年以内で壊れてしまう端末もあれば、5年以上にわたって使いつづけられる端末もあります。
ただ、現実には各社ともにほぼ2年おきに新モデルを発表しており、なおかつオーソドックスな契約プランも2年単位をベースにしているため、端末がまだ壊れていなくても最新のモデルに買い替える、というパターンが主流になっているようです。
携帯キャリアの「2年縛り」については不公平感があるとの観点から今後見直される可能性があり、それにともなって端末そのものの耐用年数も延長されるかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る